栄養士かんたん食堂

現役の栄養士、調理師です。 おすすめのレシピから、大好きなカルディ、無印良品のおすすめ品、またその品を使ったレシピを紹介していきます。

栄養満点!簡単にできる、とろっとろの牛すじのボルシチのレシピ・作り方

f:id:eiyoshi-syokudo:20210204222211p:plain

こんばんは。はやみです。

今日は、牛すじのボルシチの作り方をご紹介します。

基本鍋にいれて煮込むだけの、どなたでもできる簡単レシピになっています。

寒い季節に牛すじの旨味、野菜の旨味が溶け出した、栄養満点のスープを是非作ってみてください。

 

【今回のレシピでは圧力鍋を使用しています。おすすめの電気圧力鍋をページ下部で紹介していますので、興味のある方はご覧くださいね。】

 

 

とろっとろの牛すじのボルシチの作り方

材料

[5~6人分]

  • 牛すじ肉 300g
  • ビーツ缶 1缶(236g)
  • 玉ねぎ(大) 1個
  • 人参 1/2本
  • キャベツ 1/4~1/3玉分
  • にんにく 1片
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 水(牛すじの茹で汁+ビーツ缶の汁) 1000ml
  • トマト缶 1缶(400g)
  • 赤ワイン 100ml
  • コンソメキューブ 3個
  • ブイヨンキューブ 2個
  • 蜂蜜 大さじ1
  • 塩胡椒 適量
  • ローリエ 1枚
  • サワークリーム お好みの量
  • パセリ 適量

 

下準備

  • 牛すじを水から茹で、一度茹でこぼし臭みを取る。茹で終わったら、しっかり水で洗う。 
  • ビーツ缶の中身を出して食べやすい大きさに切る。
  • 玉ねぎは1.5cm角ぐらいに切る。
  • 人参は乱切り、キャベツはざく切りにする。
  • にんにくは芽を取り、つぶしておく。

 

作り方

  1. 茹でこぼした牛すじを柔らかくなるまで煮る。圧力鍋を使用すると時短になる。
  2. 鍋か深めのフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火で香りだしをする。
  3. 玉ねぎと人参を入れ炒める。
  4. 玉ねぎが少し透明になってきたら、キャベツを加え炒める。
  5. ホールトマトを入れ、キャベルがしんなりするまで炒める。
  6. 柔らかくなった牛すじを加える。
  7. 水、赤ワイン、ビーツ、ローリエ、コンソメ、ブイヨンを入れ煮る。
  8. 蜂蜜を入れ塩胡椒を入れ、味を整えて完成。
  9. サワークリームを添えるのがおすすめ。

 

ポイント

  • 牛すじから出る茶色いあくはこまめにとる。臭みの原因になる。
  • にんにくが好きな方は、みじん切りにする。

 

まとめ

ビーツは食べる輸血といわれるぐらい栄養価の高い、スーパーフードです!

少し例をあげると、高血圧予防・動脈硬化予防、がん予防、整腸効果などなど

あげたらまだまだあるのですが、これぐらい様々な効果のある食材なんです。

たまにスーパーで生のビーツが売っているのですが、とても珍しいので、ビーツの缶詰がおすすめですね。

簡単にできるスープなのですが、満足感もあるので是非作ってみてください。

 

愛用の電気圧力鍋

電気圧力鍋はなくてはならない調理家電ですね!以前はガスの圧力鍋を使っていましたが、危なそうや音がうるさいなどあったのですが、電気圧力鍋は食材をいれてあとは放置するだけです。音も静かで気づいたら出来てるという感じです。

アイリスオーヤマの電気圧力鍋は、黒でスタイリッシュで見た目でもおすすめですよ。

 

①アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 2〜3人用

 
アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 4〜5人用

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

レシピのリクエスト等がありましたら、記事コメント・Twitterまでお願いいたします。また、読者・ブックマークしていただけますと嬉しいです。