栄養士かんたん食堂

現役の栄養士、調理師です。 おすすめのレシピから、大好きなカルディ、無印良品のおすすめ品、またその品を使ったレシピを紹介していきます。

【極上レシピ】チーズクリームがポイント!コーヒーとチョコレートのケーキのレシピ・作り方

 

コーヒーケーキ チョコレートケーキ 





こんばんは。はやみです。

今日は口溶けなめらかな至福の「コーヒーとチョコレートのケーキ」の作り方をご紹介します。

コーヒーのグラサージュにコーヒーガナッシュ、そしてポイントのマスカルポーネチーズのクリームが挟まっています。

ビターチョコレートにコーヒーのほろ苦さと、大人のケーキに仕上がっていますので是非チャレンジしてみてください。

 

贅沢にチョコレートを使うレシピなので、クーベルチュールチョコレートを使って作ってみてください。板チョコでは味わえない、チョコの香りと味が楽しめますよ!

このレシピでも使用しているチョコレートをページ下部で紹介しておりますので、興味のある方は是非!

 

難しそうなケーキですが、ポイントさえ押さえれば失敗せず作れると思います。

では最後までご覧ください。

 

 

コーヒーとチョコレートのケーキの作り方

材料

(15cm丸型1台分)

  • 無塩バター 80g
  • 粉砂糖 40g
  • 卵黄M 4個
  • クーベルチュールチョコレート 100g
  • 薄力粉 65g
  • ココアパウダー 12g
  • 卵白M 4個
  • グラニュー糖 50g

 

〈マスカルポーネチーズクリーム〉

  • マスカルポーネチーズ 100g
  • グラニュー糖 15g
  • 生クリーム 50g

 

〈コーヒーガナッシュ〉

  • 生クリーム 30g
  • クーベルチュールチョコレート 30g
  • インスタントコーヒー 2g
  • ブランデー 5g

 

〈グラサージュ〉

  • 生クリーム 80g
  • クーベルチュールチョコレート 75g
  • インスタントコーヒー 1g

 

下準備

  • バターと卵黄は室温にもどしておく。※バターが固ければレンジで10〜20秒あたためる。
  • 卵白は冷蔵庫にいれておく。
  • 薄力粉とココアパウダーはあわせてふるう。

 

作り方

  1. チョコレート100gを湯煎で溶かす。(35℃ぐらい)
  2. ボウルにバターと粉砂糖を入れ、よく混ぜる。
  3. 2のボウルに卵黄も加え、さらに混ぜる。
  4. 3のボウルに1で溶かしたチョコレートを全て入れ、よく混ぜる。
  5. 別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーでしっかりとツノが立つまでよく泡立てメレンゲを作る。途中でグラニュー糖を3回に分けて入れる。
  6. 4のチョコレート生地にメレンゲを1/5程度いれ、よく混ぜる。
  7. 残りのメレンゲをチョコレート生地に3回ぐらいに分けていれ、ゴムベラでメレンゲを潰さないようにさっくりと混ぜる。
  8. 混ざったら、薄力粉とココアパウダーを3回にわけて加えさっくりと混ぜる。
  9. 粉っぽさがなくなったら、型に入れ、軽く台に叩きつけ大きな気泡を抜く。
  10. 150℃に予熱したオーブンで50分程度焼く。
  11. 焼き上がったら、軽く台に叩きつけ焼き縮みを防止する。
  12. 型から外し、ケーキクーラーの上に上下逆さまにして粗熱を取る。
  13. 粗熱が取れたら、袋にいれるかラップをして乾燥を防ぐ。
  14. 完全に生地が冷めたら、上部を落とし3等分にスライスする。

 

f:id:eiyoshi-syokudo:20210209184124j:plain

 

〈マスカルポーネクリーム〉

  1. ボウルにマスカルポーネチーズとグラニュー糖を入れよく混ぜる。
  2. 1のボウルに生クリームを加え、ハンドミキサーでしっかりとした固さになるまで混ぜる。

 

〈コーヒーガナッシュ〉

  1. ボウルに生クリームとチョコレートを入れ、湯煎で溶かす。(チョコレートの温度は30℃を目安にする)
  2. 溶けたら、インスタントコーヒーを加え混ぜ、お好みでブランデーを入れて混ぜる。

 

〈グラサージュ〉

  1. ボウルに生クリームとチョコレートを入れ、湯煎で溶かす。(チョコレートの温度は30℃を目安にする)
  2. 溶けたら、インスタントコーヒーを入れて混ぜる。

 

【組み立て】

  1. スライスしたチョコレート生地にマスカルポーネクリームを塗る。
  2. 組み合わせる生地のほうにはコーヒーガナッシュを塗り、1の生地とはり合わせる。
  3. もう1段同じことを繰り返す。
  4. 3段できたら、グラサージュを生地にかける。
  5. 生地が見えないようにかけたら、冷やしてグラサージュを固める。
  6. お好みで金箔や粉糖をかける。

 

ポイント

  • ゴムベラで生地を混ぜるときは、メレンゲを潰さないように下からすくいあげるように混ぜる。
  • 焼成後、生地をひっくり返すと、下にたまっていた水分が生地全体にまわり、目詰まりした生地を防ぐことができる。
  • チョコを湯煎で溶かすときは30℃を目安にして、高すぎると油分と分離してしまうので注意。
  • グラサージュをかけるときは豪快にかける。ちまちまかけてしまうと、固まってきてぼこぼこした見た目になってしまう。

 

まとめ

マスカルポーネチーズとチョコレートを使った、濃厚なケーキを作りたいと思って作ってみました。チーズ、チョコ、コーヒーは非常に相性がいいですね。

お子様やお酒が苦手な方は、ブランデーは抜いて作ってみてください。

 

このレシピで使用したおすすめのチョコレート

①ヴァローナ カラク

ヴァローナはフランスのチョコレートメーカーです。とてもチョコレートの香りがよく、お菓子に使っても上品な味に仕上がります。

カラクはカカオ56%で苦すぎず、甘すぎずでちょうど良い、使いやすくおすすめです。

 

チョコレート菓子と作るときにおすすめの器具

①放射温度計(非接触型) シンワ測定

温度管理が重要なチョコレートも、この温度計があれば簡単にできるので、一本もっておくと非常に便利ですよ。シンワ測定は業務用でもよく使われる、耐久性・操作性ともに優秀な温度計です。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

レシピのリクエスト等がありましたら、記事コメント・Twitterまでお願いいたします。また、読者・ブックマークしていただけますと嬉しいです。