栄養士かんたん食堂

現役の栄養士、調理師です。 料理初心者の方も簡単にできるレシピ、料理が得意な方も満足できるようなこだわりレシピをご紹介します。

【保存版】魔法のように料理が美味しくなる!基本のソフリットのレシピ・作り方

ソフリット 玉ねぎ 人参 セロリ

こんばんは。はやみです。

今日は、イタリアンでは基本中の基本の「ソフリット」の作り方をご紹介します。

 

ソフリットは、玉ねぎ・人参・セロリの旨味の強い食材や香味野菜を使って、揚げ煮のようにして作ります。

イタリアでは調味料のように扱われ、レシピ本でもソフリット大さじ2などと表記があります。

 

日本で出回っているソフリットの基本は、玉ねぎ・人参・セロリが、3:2:1の割合のものが主流となっています。ですが、地方によってさまざまで3:2:2だったり、ニンニクがはいったり、唐辛子が入ったりとこれ!といった決まりはありません。

なのでセロリが苦手な方はセロリを減らしてもいいですし、好きな方は増やしてもいいと思います。

そのあたりは好みですね!

 

ソフリットは毎回作ると大変なので、まとめて作って冷凍保存しておくと便利ですよ。

では、ソフリットをマスターして、料理の味をワンランクアップさせましょう!

 

基本のソフリットの作り方

材料

  • 玉ねぎ 600g
  • 人参 400g
  • セロリの茎 200g
  • オリーブオイル 150g
  • 塩 小さじ1

 

f:id:eiyoshi-syokudo:20210213220825j:plain

 

下準備

  • 玉ねぎ・人参・セロリをできる限り細かくみじん切りにする。※セロリの筋は取っても取らなくてもOK。

 

作り方

  1. フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにした玉ねぎ・人参・セロリを加える。
  2. 弱火〜中火で揚げ煮のようにして加熱していく。
  3. 塩を入れ、焦げ付かないように適宜ゴムベラなどで鍋底から混ぜていく。〔ポイント1〕
  4. 大体量が1/4ぐらいになって、きつね色よりちょっと色づいている状態になったら完成。

 

ポイント

〔ポイント1〕

焼き色はつけるが、焦げ目はつけないように注意する。

弱火〜中火でじっくりと火を通すことが重要。

 

まとめ

基本のソフリット。普段のカレー作りのときにいれてみてください!お店のような味わいになりますよ。

他にもミートソースやビーフシチューなど、煮込み料理とはとても相性がいいです。

たくさん作って、冷凍保存して隠し味に使ってみてくださいね。

 

当サイトでも以前ソフリットを使用したレシピをご紹介しておりますので、よかったらご覧くださいね。激うまです!

 

おすすめの調理器具

①Zwilling ツヴィリング 「 プロ SS フライパン 3PLY 26cm 」

安心のツヴァイリングのフライパンです。26cmと使いやすい大きさに、ステンレスの丈夫さをもっているので、一生もののフライパンです。

 
②OXO シリコン スパチュラ M ラズベリー
使いやすさで考えられているオクソー。かなりしっかりとした作りで耐熱温度も高く、普段の料理やお菓子作りでも大活躍です。おすすめできるゴムベラです!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

レシピのリクエスト等がありましたら、記事コメント・Twitterまでお願いいたします。また、読者・ブックマークしていただけますと嬉しいです。