栄養士かんたん食堂

現役の栄養士、調理師です。 おすすめのレシピから、大好きなカルディ、無印良品のおすすめ品、またその品を使ったレシピを紹介していきます。

【極上レシピ】ごろごろベーコンの大人のポテトサラダのレシピ・作り方

ポテトサラダ ベーコン ブラックペッパー

こんばんは。はやみです。

今日は、炒めたブロックベーコンがごろごろ入った「大人のポテトサラダ」をご紹介します。

 

ポテトサラダというと、じゃがいも・きゅうり・ハム・たまねぎ・にんじんと、これが定番食材なのではないでしょうか。

今回は、炒めたベーコンに、玉ねぎの代わりのフライドオニオンを使用し、ベーコンの旨味にフライドオニオンのサクサク感と食感も楽しいポテトサラダとなっています。

 

極め付けは、生胡椒を最後に散りばめ実を噛んだ瞬間、胡椒の爽やかな香りとピリッと辛い痺れが口の中に広がる、食べる場所によって様々な楽しみ方ができるんです。

 

普段のポテトサラダにマンネリしている方、是非このポテトサラダを作ってみてください。

 

 

ごろごろベーコンの大人のポテトサラダの作り方

材料

[4人分]

  • じゃがいも(男爵) 400g
  • ブロックベーコン 100g
  • きゅうり 1本
  • レタス 極少量
  • フライドオニオン 12g
  • 塩 1.5g
  • マヨネーズ 100g
  • レモン汁 3g
  • ホワイトペッパー 適量
  • 生胡椒 お好きなだけ
  • ベーコンビッツ お好きなだけ

 

 

下準備

  • じゃがいもは皮を剥き、6〜8等分ぐらいにし水にさらしておく。
  • きゅうりは小口切りにし、塩もみをし15分後に水洗いをし、よく水を切る。〔ポイント1〕
  • ベーコンは1.5cm角の大きさに切る。
  • レタスは適当な大きさにちぎり、水をよく切る。

 

f:id:eiyoshi-syokudo:20210215200545j:plain

 

作り方

  1. 水にさらしたじゃがいもは水から茹でて竹串がすっと通るまで茹でる。※レンジや蒸してもOK
  2. 火が通ったじゃがいもはザルにあけ、よく水気を切る。
  3. フライパンでベーコンをしっかりと焼き目がつくまで焼き粗熱を取る。
  4. 2のじゃがいもをボウルにいれ、マッシャーやフォークでお好みの大きさになるように潰す。
  5. 4のじゃがいものボウルに焼いて粗熱を取ったベーコンを入れる。
  6. きゅうり、レタス、フライドオニオンを入れ和える。
  7. 6のボウルにマヨネーズ、塩、レモン汁、ホワイトペッパーを入れ、よく混ぜ全体に馴染ませる。
  8. 味見をし、塩で味を整える。〔ポイント2〕
  9. お皿に盛り付け、生胡椒とベーコンビッツを散らせば完成。

 

ポイント

※全体を通して、食材はよく水気を切る。和えた後に水分がでて、水っぽくならないようにする。

 

〔ポイント1〕

きゅうりは塩をふってあらかじめ水分を抜いていくことで、和えた後に水がでないようにする・きゅうりがポテトサラダに馴染む効果がある。

 

〔ポイント2〕

ポテトサラダの味が足りない場合、マヨネーズだけで味を整えるのではなく、塩を使って調整する。

 

本レシピで使用するおすすめの食材

生アンコールペッパー  100g

ぷちぷちとした食感で、とても香りの強い生胡椒です。そのまま食べてもおいしいですし、アクセントに料理に使っても絶品です。

 
 

最後までご覧いただきありがとうございます。

レシピのリクエスト等がありましたら、記事コメント・Twitterまでお願いいたします。また、読者・ブックマークしていただけますと嬉しいです。