栄養士かんたん食堂

現役の栄養士、調理師です。 料理初心者の方も簡単にできるレシピ、料理が得意な方も満足できるようなこだわりレシピをご紹介します。

【イタリア家庭の味】絶品!骨付き鶏もも肉で作るカチャトーラのレシピ・作り方

カチャトーラ トマト煮込み 鶏肉 ローズマリー

こんばんは。はやみです。

今日は、イタリアの家庭の味を「カチャトーラ」を骨付き鶏もも肉で作りましたのでレシピをご紹介します。

 

カチャトーラとはイタリア語で「猟師風」の意味があります。猟師風トマト煮込みといったところでしょうか。

イタリアでも場所によって材料や作り方が違うので、今回のレシピは一例としてご覧くださいね。

 

調理時間はかかってしまいますが、ポイントさえ押さえれば簡単に作れるレシピになっています。見た目だけではなく、ハーブも数種類使っているので見た目・香りともに華やかな料理です。

 

本当に美味しい一品になっていますので、是非チャレンジしてみてください。

余ったソースはパスタソースにすると絶品です!

 

 

絶品!骨付き鶏もも肉で作るカチャトーラの作り方

材料

[2人分]

  • 骨付き鶏もも肉 700g
  • 塩(下味用) ひとつまみ
  • ホワイトペッパー 適量
  • 薄力粉 薄くまぶす程度

 

  • 玉ねぎ 1/2個
  • ナス 1本
  • にんにく 2かけ
  • ソフリット 200g
  • オリーブの実 80g
  • ケッパー 小さじ1
  • アンチョビ 2切
  • 裏ごしトマト 300g
  • オリーブオイル 大さじ4
  • 水 100ml
  • 白ワイン 200ml
  • コンソメ顆粒 小さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 適量
  • ローリエ 2枚
  • ローズマリー 2本
  • タイム 2本

 

※ソフリットの作り方はこちらで紹介しております↓

 

 

f:id:eiyoshi-syokudo:20210216224150j:plain

 

下準備

  • 玉ねぎとなすは角切りにする。なすは切ったら水にさらし、アク抜きをする。
  • アンチョビはみじん切りにする。
  • にんにくはつぶす。〔ポイント1〕
  • ローズマリーとタイムはみじん切りにする。〔ポイント2〕

 

作り方

  1. 鶏もも肉の両面に塩とホワイトペッパーをふり、薄力粉を薄くまぶす。
  2. 深めのフライパンにオリーブオイルをひき、皮面からしっかりと焼き色がつくまで焼く。
  3. 両面に焼き色がついたら、一度別の器に引き上げる。
  4. 3のフライパンに玉ねぎとナスを入れ、軽く色がつく程度まで炒める。
  5. ソフリットと裏ごしトマトを加え全体を馴染ませるように。
  6. 水、白ワインを入れる。
  7. 6に3の鶏もも肉を戻し、にんにく・ケッパー・オリーブの実・アンチョビ・コンソメ顆粒・砂糖・ローリエ・ローズマリー・タイムを入れ、弱火で煮込む。〔ポイント3〕
  8. 途中水分が飛んでソースが固くなったら、水を適宜足して調整する。
  9. 30〜40分ほど煮込んだらソースの味をみて、塩で味を整える。〔ポイント4〕
  10. ソースの味が整ったら、盛り付けて完成。

 

ポイント

〔ポイント1〕

にんにくの香りをきかせたい時は、スライスやみじん切りにして使用する。

 

〔ポイント2〕

使用するハーブは、イタリアンパセリやオレガノなどでもOK。

タイムをいれると爽やかになっておすすめ。

 

〔ポイント3〕

煮込む時は弱火で、ソースが固くなってくると底が焦げ付きやすくなるので、たまに鶏肉と持ち上げたり、混ぜたりして焦げないように注意する。

 

〔ポイント4〕

使う塩は天然塩がおすすめ。塩分もまろやかで甘みもあり、素材の味を引き出すおすすめの塩。

 

このレシピでおすすめの調味料

①アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル

癖がなく香り高いオリーブオイル。後味もフルーティーで料理の仕上げにかけると料理がワンランクアップしますよ。

 

②ゲランドの塩

天然塩は味もマイルドで、素材の味を引き立てることができるおすすめの塩。

普段の塩をこれに変えるだけで、料理の味が変わりますよ!