栄養士かんたん食堂

現役の栄養士、調理師です。 おすすめのレシピから、大好きなカルディ、無印良品のおすすめ品、またその品を使ったレシピを紹介していきます。

”お弁当に、ピクニックに”3種の春色おむすびのレシピ・作り方

おむすび おにぎり 菜の花のおにぎり おかか えびおぼろ

こんばんは。はやみです。

今日は、お弁当にもぴったりの「3種の春色おむすび」の作り方をご紹介いたします。

 

春色ということで、緑・ピンク・白のおむすびを作ってみました。

緑のおむすびは、菜の花・炒り卵・塩昆布

ピンクのおむすびは、えびおぼろ

白のおむすびは、白炒りごま・おかか

 

このおむすびは、甘味・塩味・苦味・旨味が感じられるように組み合わせてあるので、最後まで飽きずに食べ進められると思いますよ。

 

どれも簡単にできるので、是非作っておでかけしてみてはいかがでしょうか。

 

 

3種の春色おむすびの作り方

材料

〈緑のおむすび〉

  • A.菜の花 1/4束
  • A.塩 適量
  • B.卵 2個
  • B.みりん 大さじ1
  • B.塩 ひとつまみ
  • B.砂糖 小さじ2
  • B.酢 小さじ1/4〔ポイント1〕
  • C.塩昆布

〈ピンクのおむすび〉

  • むきえび 200g
  • 砂糖 小さじ2
  • 塩 ひとつまみ
  • 醤油 小さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 酒 小さじ1

〈白のおむすび〉

  • 鰹節 10g
  • A.醤油 大さじ1
  • A.みりん 大さじ1
  • A.酒 大さじ1/2
  • A.砂糖 小さじ1/2
  • 白炒りごま 適量

 

下準備

〈緑のおむすび〉

  • 菜の花は太い茎、細い茎、葉の部分にざっくり分けておく。

 

〈ピンクのおむすび〉

  • むきえびは背ワタをとる。

 

〈白のおむすび〉

  • 特になし

 

作り方

〈緑のおむすび〉

  1. 菜の花を塩の入った沸騰したお湯で太い茎から準備ゆでていく。〔ポイント2〕
  2. 茹で上がったら、すぐ冷水で冷まし色止めをし、よく水気を切っておく。
  3. Bの材料をボウルに混ぜ合わせ、油をひかずにフライパンで焼いていく。
  4. 火加減は弱火で行い、菜箸4本で絶えず焦げないように混ぜ続ける。
  5. 火が入ってくるとぽろぽろになるので、その状態になったら引き上げる。
  6. ご飯に、塩昆布・刻んだ菜の花・炒り卵を混ぜ合わせおむすびにする。

 

〈ピンクのおむすび〉

  1. むきえびを茹でて火を通す。※分量外の酒を加えると臭みを抑えることができる。
  2. 茹で上がったら、フードプロセッサーに全ての材料を入れ細かくなるまで混ぜ合わせる。〔ポイント3〕
  3. 細かくなったえびを、油をひかずにフライパンに入れ炒り卵を作る要領でおぼろ状にする。
  4. 甘みあるので、焦げ付かないように気をつけながら行う。
  5. ぽろぽろになったら、ご飯に混ぜおむすびにする。

 

〈白のおむすび〉

  1. フライパンにAの調味料を全て入れ、一度沸かす。
  2. 沸いたら鰹節を入れ、菜箸で混ぜながら炒るようにし詰めていく。
  3. 水分が飛んで、鰹節に移ったら完成。
  4. ご飯に白炒りごまを混ぜ、中におかかをいれておむすびにする。
  5. 上に少し乗せると、中に何が入っているかわかってGOOD。

 

f:id:eiyoshi-syokudo:20210222200003j:plain


 

ポイント

〔ポイント1〕

炒り卵を作るときに極少量の酢をいれることで、完成後に青黒く変色するのを防ぐことができる。※卵のアルカリで変色するのを、酸性の酢を加えることで中性になることで防ぐことが可能になる。

 

〔ポイント2〕

菜の花は場所によって茹で時間が異なるため、時間差をつけて茹でる。食感が重要なため、茹ですぎないように注意。

 

〔ポイント3〕

フードプロセッサーがない場合は、ジップ付きの袋に入れ潰しても代用できる。

 

このレシピでおすすめの調理機器

パナソニック フードプロセッサー

この1台できざむ・する・おろす・混ぜることができ、普段の調理でも大活躍ですよ!

操作も簡単でおすすめの一品です。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

レシピのリクエスト等がありましたら、記事コメント・Twitterまでお願いいたします。また、読者・ブックマークしていただけますと嬉しいです。