栄養士かんたん食堂

現役の栄養士、調理師です。 料理初心者の方も簡単にできるレシピ、料理が得意な方も満足できるようなこだわりレシピをご紹介します。

アスパラを200%美味しくする!アスパラガスのビスマルク風のレシピ・作り方

アスパラガス ビスマルク風 ポーチドエッグ

こんばんは。はやみです。

今日は、私のおすすめのアスパラガスの食べ方「アスパラガスのビスマルク風」の作り方をご紹介します。

 

ビスマルク風とは、卵焼きや半熟卵をのせた料理のこと。

今回はポーチドエッグをのせました!

 

今が旬の太いアスパラが手に入ったら、是非作ってみてほしいです。

味付けも塩胡椒のみ!だからこそ、使う食材・調味料は良いものを使ってくださいね。

 

 

 

 

アスパラガスのビスマルク風の作り方

材料

[2人分]

  • アスパラガス(太め) 5〜6本
  • 卵 2個
  • 酢 少量
  • 塩 ふたつまみ
  • 粗挽き黒胡椒 適量
  • チーズ(今回はグラナパダーノ) 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2

 

下準備

  • アスパラガスの下を落とし、下5cm程度皮を剥き半分に切っておく。

 

 

作り方

STEP
鍋にお湯を沸かし、グラグラしない程度の火加減にし、お酢を入れる。
グラグラしてるとこに卵をいれると、白身が散ってしまうので火加減に注意。
STEP
箸で鍋に渦をつくり、中心に卵を割入れ、ゆっくりと火を通す。
渦を作ってから卵をいれることで、白身が散るのを防ぐことができる。
STEP
白身が固まったら、冷水の中に入れ予熱で火が入るのを防ぐ。
ポーチドエッグの完成。
STEP
フライパンにオリーブオイルをひき、アスパラガスを焼いて火を通す。
火の通りにくい、下のほうを先に入れる。
STEP
アスパラに塩・胡椒をし、お皿に盛り付けてチーズを削る。
チーズはお好みのものでOK。粉チーズでも代用可。
STEP
アスパラガスの上に、水気と取ったポーチドエッグをのせて完成。
仕上げにオリーブオイルをかけるのもおすすめ。

 

 

このレシピでおすすめのアイテム

①アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル

癖がなく香り高いオリーブオイル。後味もフルーティーで料理の仕上げにかけると料理がワンランクアップしますよ。

 

②マリチャ コショウ オーロ・ディ・サラワク

マリチャの胡椒は、香りが物凄い良いので他の胡椒とは別次元ですよ。

少し高めですが、特別な料理に使ってみてくださいね。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

レシピのリクエスト等がありましたら、記事コメント・Twitterまでお願いいたします。また、読者・ブックマークしていただけますと嬉しいです。

TOP