栄養士かんたん食堂

現役の栄養士、調理師です。 料理初心者の方も簡単にできるレシピ、料理が得意な方も満足できるようなこだわりレシピをご紹介します。

喫茶店の味♪昔ながらのプリンのレシピ・作り方

喫茶店プリン 懐かしプリン 固め

 

こんばんは。はやみです。

今日は、昔懐かしい固めのプリンの作り方をご紹介します。

 

プリンは固め派ですか?それともなめらか派?ですか。

私は圧倒的に固め派です。

 

昔懐かしいとは書きましたが、ここ最近は固めのプリンが流行っていますよね。

カラメルたっぷりの固いプリンがお好きな方に、是非おすすめしたいレシピになっていますので、作ってみてくださいね。

 

 

 

 

昔ながらのプリンの作り方

材料

[プリンカップ5個分]

  • 全卵(M) 3個
  • 卵黄 2個分
  • 牛乳 280ml
  • グラニュー糖 60g
  • バニラビーンズペースト 小さじ1

〈カラメル〉

  • グラニュー糖 100g
  • 水 100ml
  • お湯 20ml

※バニラビーンズペーストは、バニラビーンズやバニラオイルでも代用可

 

下準備

  • オーブンを160℃に予熱する。

 

作り方

STEP
〈カラメル〉鍋にグラニュー糖と水を入れ、中火にかける。砂糖が溶け、茶色く香ばしい匂いがするまで加熱する。
加熱するときは、ヘラなどで混ぜると結晶化してしまうので、鍋をかたむけて混ぜる。
STEP
少し焦げている匂いの段階で火を止める。お湯を一気に加えて、ヘラで混ぜる。できたカラメルは熱いうちにカップに流す。
かなり煙がでるので、換気扇は必ず回す。
STEP
〈プリン液〉ボウルに全卵・卵黄・グラニュー糖を入れ、ホイッパーで泡立てないようにすり混ぜる。卵白のコシが切れたらOK。
泡立ててしまうとプリンにすができてしまうため、ホイッパーをボウルの底に当てながら混ぜる。
STEP
鍋に牛乳・バニラビーンズペーストを入れ、沸騰直前の80℃ぐらいまで温める。
鍋の縁がフツフツとしてきたらOK。
STEP
温めた牛乳を卵液のボウルに少しずついれながら、都度混ぜる。混ぜたら、一度濾してプリンカップに注ぎ入れる。(9割程度まで)
温かい牛乳を一度に入れてしまうと、卵が固まってしまうので少しずつ加える。
STEP
プリンカップにアルミホイルで蓋をし、バットに並べる。40〜50℃ぐらいのお湯をバットに流し入れ(プリンカップが2cm浸かる程度)、160℃に予熱したオーブンで35分湯煎焼きをする。
バットの底に布をひくと、プリンにすが出来にくくなる。
STEP
35分たったらアルミホイルを外し、しっかりと固まっていたら取り出す。粗熱をとって、冷蔵庫でしっかりと冷やしたら完成♪
お好みで生クリームを添えて♪

 

 

ポイント
  • カラメルは焦げ臭いぐらいでOK!
  • 卵液を混ぜるときは、泡立てない。

 

 このレシピでおすすめのアイテム

貝印 ステンレスプリンカップ大

愛用のプリンカップです。プリンカップはアルミやガラス製など様々なものがありますが、個人的にはステンレスが丈夫でサビにも強くおすすめです。

 
 

最後までご覧いただきありがとうございます。

レシピのリクエスト等がありましたら、記事コメント・Twitterまでお願いいたします。また、読者・ブックマークしていただけますと嬉しいです。

TOP