栄養士かんたん食堂

現役の栄養士、調理師です。 料理初心者の方も簡単にできるレシピ、料理が得意な方も満足できるようなこだわりレシピをご紹介します。

洋梨を贅沢に♪洋梨のタルトのレシピ・作り方

洋梨 ラ・フランス タルト コンポート 

 

こんにちは。はやみです。

今日は、これから旬を迎える洋梨をたっぷりと使った「洋梨のタルト」の作り方をご紹介します。

 

秋から冬にかけて旬を迎える洋梨(ラ・フランス)。

薄切りにせず、大きくゴロゴロといれることで洋梨を贅沢に味わえますよ♪

メイン食材なのでたっぷりと使いましょう!

 

そのまま食べても、お菓子にしても美味しい洋梨・・・
優秀すぎますね!

 

是非、お試しを!

 

 

 

 

 

 

洋梨のタルトの作り方

 調理時間:90分(休ませる時間を含む)

材料

[15cmタルト1台分]

 

〈タルト生地〉

  • A.薄力粉 100g
  • A.粉糖 45g
  • A.アーモンドプードル 10g
  • 無塩バター 70g
  • 卵黄 1個分

 

〈アーモンドクリーム〉

  • 無塩バター 40g
  • 粉糖 40g
  • B.アーモンドプードル 40g
  • B.薄力粉 5g
  • 卵(M) 1個
  • バニラビーンズペースト 5g

※バニラビーンズペーストの代わりに、バニラオイルやバニラエクストラクトで代用可

 

〈洋梨のコンポート〉

  • 洋梨(小) 2個
  • グラニュー糖 50g
  • 水 400ml
  • キルシュ 大さじ3

 

 

〈仕上げ〉

  • ナパージュ お好みで

 

下準備

  • 型に冷たいバターを塗り、強力粉をふるう。余分は粉は逆さまにし、落としておく。

〈タルト生地〉

  • 無塩バター・・・小さめに切り、使用する直前まで冷蔵庫で冷やしておく。

〈アーモンドクリーム〉

  • 無塩バター・・・室温に戻し、柔らかくする。
  • 粉糖・・・純粉糖の使う場合は、ふるっておく。
  • B・・・合わせてふるっておく。
  • 卵・・・溶き卵にする。

〈洋梨のコンポート〉

  • 洋梨・・・皮をむき、縦半分に切り芯をスプーンでくり抜く。

 

 手順 

  1. タルト生地を3mmの厚さに伸ばす。
  2. タルト型に貼り付けて、余分な部分は切り落とす。
  3. 底の部分のタルト生地に、フォークで4~5箇所穴を開ける。
  4. アーモンドクリームを6割の高さになるまで流し込む。
  5. 半割の洋梨のコンポートの汁気を取り、アーモンドクリームの上に乗せる。
  6. 170℃に予熱したオーブンで40分焼く。
  7. 途中で焦げそうな場合は、アルミホイルをかぶせる。
  8. 火が通ったら、型のまま粗熱を取る。
  9. お好みでナパージュを塗ったら完成♪

 

〈タルト生地〉

  1. フードプロセッサーにAの粉類を入れ、10秒ほど回す。
  2. 冷たいバターを全て加え、ぽろぽろとそぼろ状になるまで回す。
  3. 卵黄を加え、10秒ほど回す。
  4. 取り出してラップで包む。
  5. 冷蔵庫で30分ほど寝かしたら生地の完成。

 

〈アーモンドクリーム〉

  1. ボウルに柔らかくなったバターを入れ、ゴムベラでクリーム状にする。
  2. 粉糖を加えて、粉っぽさがなくなるまでゴムベラで混ぜる。
  3. 溶き卵を3回に分けて加え、都度混ぜる。※バニラの香料はここで加える。
  4. ふるったBを加えて、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

 

〈洋梨のコンポート〉

  1. 鍋に水とグラニュー糖を入れ、一度沸かす。
  2. 沸いたら弱火にし、洋梨を入れる。
  3. 10分ほど弱火で似たら火を止め、キルシュを加える。
  4. そのまま粗熱を取り完成。

 

 

POINT

  • タルト生地を作るときは、フードプロセッサーを使うと簡単に♪
  • タルトのときは冷たいバターを、クリームでは柔らかいバターを使用する。
  • アーモンドクリームは焼くと膨らむので、入れすぎないように注意する。

 

 

 

 

 

このレシピでおすすめのアイテム

貝印 KAI タルト型 COOKPAD 底取式 15㎝

本レシピで使用したタルト型です。

通常のものよりも小さめなので、4人で食べきることができますよ♪

小さいですが、深さはしっかりとあるのでフルーツを一緒に焼き込むときにおすすめの型です。キッシュのときにも♪

 

パナソニック フードプロセッサー

欠かすことのできない愛用調理機器の一つです♪

この1台できざむ・する・おろす・混ぜることができ、普段の調理でも大活躍ですよ!

操作も簡単でおすすめの一品です。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

レシピのリクエスト等がありましたら、記事コメント・Twitterまでお願いいたします。また、読者・ブックマークしていただけますと嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

TOP